スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

お遍路開始!【1番~6番】 (5/7 旅日記36日目 徳島県徳島市 ~ 板野郡)

昨日のマジックショ…いや、ありがたい占いから一夜明けました。
今日も天気よし!

朝は、四国初めてのうどんを食べました。

571.jpg

う、うまい!

いよいよ今日からお遍路開始です!!

お遍路の詳しい説明は別の場所にお願いするとして…
早く言えば、昔の修行僧がお寺をめぐってめぐって、
それが88箇所あると。

今では歩きお遍路から車お遍路、
はてはツアーなんかも組まれたりして、
観光名所にもなっている。
歩きお遍路などをする人は、自分の身を清めたい、
色々な悩みを抱えている、という人も多い。

5712.jpg

で、そういう神聖なものでもあるから、
僕のお遍路をやる理由もハッキリさせておこう・・・

僕は無宗教だし、お寺が好き、歴史が好き、
というのもありません。
また、「悟りを開きたい」とか、
「思いつめるような悩み事がある」というものもない。

あ、悩み事ならある。
“昨日の3000円を返してほしい”、ということぐらいか。

5714.jpg

お遍路をやる理由。
それは…たんなる“興味本位”。

これ1本です。

で、本来のお遍路には参拝作法があります。
服装や頭にかぶる笠、ローソク、線香、その他いろいろな物の用意。
(すべて用意すると相当額!お参りも金がかかるのだ)
また、全てのお寺でお経みたいなものを読むのもお遍路の1つ。

などなどあります。

51110.jpg

で、自分が用意したのは…「笠」のみ。これ1つ!
そのほかは気持ちだけ行うとしまして…(苦笑)。
まとめると、自分的お遍路ルールは以下の3つ!

その1)1番から順番に回る
徳島からなのでちょうどいいから。

その2)全部の門の前で自分の写真をとる
さすがになにか記念に残したいと思ったから。

その3)僕の知りうる人の健康を願う
1つのお寺につき1人の健康を願う。
(今の僕にはこのくらいしかできませんが…)

※そのほか、簡単にできる作法はなるべくする。
(興味本位だけといえど、失礼なことは慎む(ように心がける))

以上、この3つとしたいと思います。
興味本位だけで乗り越えられるのだろうか…
それではスタートです。

徳島駅からコいでコいで着いた。
2時間くらいかかったかな。。

572.jpg

575.jpg

1番:霊山寺
残り87か…はてしないな。。

せっかくなので、道中の安全を願い、ローソクを買います(1本100円)

574.jpg

577.jpg

DVDとか、けっこう現代的なのね。

と、次へ…と思ったらいきなりのパンク!

576.jpg

この先が思いやられます。
というか、この荷物のぐちゃぐちゃ感。。

パンクを直します(このときはうまく空気が入った!)。

しかし、バックのフック(3個目)が壊れる。
もう3つ目は後ろに乗せるわけにいかねいので、ハリガネで代用。
もう壊れるなよおお。

578.jpg

2、3番と回ります。

次の4番がいきなりの上り坂。
早くも自転車を押している自分がいます。

「うおおおお…10番くらいまでは入門偏ということで、
楽な道にしてくれよぉぉ」

とわけのわからないコトを思います。
で、お遍路開始数時間で早くも思いました。

「おれはなんでこんなことをしてんの?」って(笑)。

そんなことを思いながらも4番到着。

と、ここで休憩がてら給水所で水を汲もうとしたら、
大きいバックを背負った歩きお遍路のお兄さんがいたので、
話をしていました。

584.jpg

こういうとこ。

少ししたら、「ぞろぞろぞろ…」。
バスから降りてきてやってきたのは“おば様方ご一行様(ツアー客)”。

お兄さんの大きいバックをみるなり、
“身なりのキレイな”おば様方が言います。

おば様A「お兄さん、大きいバックねえ。この坂道を上がってきたの?」

お兄さん「ええ(笑)」

おば様A「ひえー、大変ねー。」

おば様BC「大変ねー」

たくさんのおば様に囲まれるお兄さん。

おば様DEFG…「がんばってねーがんばってねー」

お兄さん「はい、ありがとうござます」

5711.jpg


といって、おば様ご一行様は、お寺のほうへ向かっていった。
バスでひょいと来てそれで「がんばってね」って。。
簡単に言ってくれる…
自分は正直このとき、「なぬ?」と思ってしまった。。
お兄さんは笑っていたけれど。。

(今なら分かるけど、お遍路のやり方は自由。
ツアーがあって助かってる人もたくさんいるのだ。
自分の心がせまいだけ。というか僕だって、自転車を使っているわけだし(笑))

でも、そのときは…
このお遍路が終わる頃には、
清い心を手にしたいなあ、なーんて思った。

その後は6番まで回り、近くの公園で就寝。

いよいよお遍路が始まった。
興味本位だけで乗り越えられるのか…

残り82ヶ所…



スポンサーサイト

2012/05/23 14:54 |徳島COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント:

ケンゾーサン

そうですね。いろんなお遍路さんの話を聞いていたら、
さまざまなやり方があるなーって思ってます。

「南無大師遍照金剛・同行二人」
もよく見ます。正直、なんの意味?って思ってますが(笑)。
そういうことも少しづつ分かりたいなーって思います。

No:288 2012/05/24 08:29 | ぐるっと、しんご #EGzluE3Y URL編集 ]

 車で参る方もいますし、1番から順に参る方、逆に88番から逆順に参る方もいらっしゃる。 長期の休みの時に一つの県毎に参る一国参りと言うのもあるようですね。

 「南無大師遍照金剛・同行二人」

 白装束のベストにはこう書いてあります。

No:284 2012/05/23 20:19 | ケンゾーサン #sAC0zsYk URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。