スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

ステキな出会いと、新しい我が家【前編】 (4/15 旅日記14日目)

※この日は色々あり、
長くなりそうなので前後編に分けます。すいません!

ていうことで、今回は前編です

----------------------------
朝は5時くらいに目が覚め、荷物を撤収し走りだした。
少し進むと近くに道の駅があったので、そこで荷物の整理をすることに。

自転車を止めてふと見ると、いかにも旅のプロというような人が
コンロや食材などいっぱい出して朝食の準備をしていた。

あいさつを簡単にすませて、
少し離れたところで荷物の整理をしていた僕は、
とある名案が浮かんだ。

あの人の近くでバーナーを使おう!

これだ。もし失敗しても近くにプロがいるなら安心だろう
(他人まかせもいいところ)。
よしよし、とばかりにバーナーとパスタを抱え、プロの近くに歩みよる。
近くに寄ってみると、プロの奥さんらしき人もいて、
野菜炒めをしながら僕に話しかけてきた。

4151.jpg

「兄ちゃんも一緒に食べていきなーー!」

え?ありがたい話だ。でも、僕もバーナーを試してみたかったので、
「ありがとうございます!じゃあ僕はこれでパスタを作り…」

「いいよいいよ、こっちのモン食べていきなよ~」

僕は「バーナーを試してみたい」なんてそんなヤボなことは言えずに(苦笑)、
ありがたく朝食をいただくことにした。

話を聞くとそのご夫婦は定年退職を迎え、
車で(何度かに分けて)日本一周をしているとのこと。
なんと、日本一周は一度していて、今回は二度目だという。

朝食は色々なものが出てきた。中でも、野菜炒めはとてもおいしかった。

4152.jpg

朝食を食べ終えて最後に紅茶をいただく。その紅茶はとてもしみた。

この旅ではご飯でもなんでもいつも一人だけど、
こうやって誰かと共に過ごすというのはとても楽しいし、
ありがたいことだなと改めて感じた。
また、奥さんはうれしい事を言ってくれた。

「兄ちゃんがいてよかったよ~。あたしら二人だけじゃね~、つまんないもの。あはは~」

笑って話していたけれど、
感謝をしたいのは僕のほうだよ、お母さん。

食事も終えて、旅の支度を整えた僕はそのご夫婦にお礼をいい、
名刺を渡して自転車にまたがった。

そのときご夫婦は僕のことを見送ってくれたのだが、
僕が見えなくなるまでずっと手を振ってくれていた。

4153.jpg

ありがとうございます。とてもおいしくいただきました。
旅を終えたらまた連絡します!

そんなおなかも心も満たされた僕は自転車を走らせます。

しかし、あまりの勾配にすぐに自転車を押している自分。
なんど山を越えただろう。

必死に自転車を押して(3、40分くらい?)1つの山を登りきる。
そしてその後は一気に(10分もしない)下っていく。
で、またすぐに激しい上り坂。

4154.jpg

うぅぅ、しんどすぎる。。
何で自分はこんなことをやってるんだ…

と僕は、伊豆半島にきたことを少し後悔していた。
単純にリサーチ不足と自分に実力がないだけなんだけど(笑)。

途中の休憩所で休んでいたときに話しかけてくれたご婦人のワンちゃん。

4156.jpg

適当にカットされたのか、みごとに毛並みがバラバラ(笑)。
でも、そこがまたかわいらしい。

なんとかかんとか坂道と戦いながらも、松崎という町にたどりついた。
モスバーガーで休憩をして、今後の予定を考えます。
ガラにもなくちょっとまじめに考えた。

この伊豆半島では、山をいくつか越えないと町や集落は出てこない
(途中にキャンプ場とかあるけれど、値段が高いしどうかなーという感じ)。

だから、ちゃんと次の町までの距離や高低差、
あとは自分の脚力レベルからおおよそのかかる時間を考えないといけない。
(まあ、今までがテキトーすぎたのかも(笑))。

そして、「行くならいく、行かないのなら行かない」とハッキリ決めないと、
暗い山道を走ることになってしまうのだ。
暗い山道はぜったいに避けたい。

で、調べてみると、次の町まで3、4時間はかかりそう。
山もいくつかある。時間はまだ12時。
いけるかもしれない…どうしようかと色々考えていると、
このすぐ近くに道の駅があるではないか!(道の駅大好きなのね)。
そこには温泉もあるみたいだ。

温泉という言葉に、「今日は進むのやーめた」と決めて、
その道の駅を目指します。

途中、花畑祭りなるものがやっていたので寄ってみました。

4158.jpg

そこで、人当たりがよさそうなおじさんが僕に話しかけてきた。

「よお、お兄さん、そんなに荷物積んでどこに泊まるのさ~」
「この先に道の駅ありますよね、今日はそこにしようかと…」

と僕がいうと、急に真顔になっておじさんはこういった。

「あそこは本当にでるから、やめたほうがいい…」
「え…?」

後編に続く。


※すいません。長くなってしまうので、続きは次回にします><;

スポンサーサイト

2012/04/17 18:05 |静岡COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント:

ケンゾーサン

・1BOXカーでしたが、その車の風格がイイ感じでしたね~。
・そうですそうです、松崎町の“あの”道の駅ですね^^;
・FC2サーバーは私の場合はいまのところ問題はないですよー。

あと、昨日は短い時間でしたがお会いできてうれしかったです。
色々な情報と、差し入れもいただきまして…
本当にありがとうございました!

No:118 2012/04/18 07:21 | しんご #- URL編集 ]

 ミニ1BOXを、キャンピングカーに改造してらっしゃるんですかね? でも、素敵だ~。
 う~~ん、松崎町のあの道の駅でしょうか? 心霊レポート楽しみにしてます。
 ここの所、FC2のサーバーが安定しませんね。 リトライ何回したかな?

No:117 2012/04/18 01:02 | ケンゾーサン #sAC0zsYk URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。