スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

2011年4月、宮城県亘理町でのボランティア経験 (旅の番外編その12)

先日、宮城県亘理(わたり)郡亘理(わたり)町に行ってきました。
亘理町を訪れた理由は1つ。それは…

東日本大震災があった1ヶ月半後(2011年4月)に僕は、
亘理町でボランティアをさせていただきました。

『その地が今はどのようになっているのだろう』と思い、
今回亘理町を訪れました。
(ボランティアも考えましたが、現在は毎日行われていないようなので、
今回は『少しでもお金を使い、協力する』という形にしました)


そして、このようにブログも色々な方に見ていただいているので、
当時のボランティアで体験した内容を読んでもらい、
できたらなにかを感じてもらえたら、と思いました。


旅日記とは直接関係なく、駄文に加え長文となりますが、
お付き合いいただければ幸いです。


それでは、よろしくお願いします。


-----------------

まずはじめに…

ボランティアを「亘理町」で行った理由。

「石巻」「陸前高田」「南三陸町」など、
比較的多く報道される場所には人が集まるだろうなという思いもありましたが、
「亘理町」にした理由は主に以下の2つでした。


①拝見した活動日記に心を打たれたこと

各地域で、日々の活動内容やブログをやっていて、
ボランティアをするにあたり一通りみさせてもらいました。
その中でも亘理町の活動内容が“特に”生き生きとしていたように見え、
「ここでやりたい」、「手伝いをしたい」と思えるものでした。


②自分を必要としてくれたこと

ボランティアをしたいと思っていても当時は、
一般のボランティアの受付が一斉に開始された時期で、
参加者が一気に膨れ上がりました。俺もやりたい、私もやりたいと。

そんな膨れ上がった参加者を、ボランティアセンターが
全てを抱えることができなくて『逆に困っている』、
という報道がされていました。

手伝いをしたいのに逆に地元の人の足かせになっている。。
これほどの愚の骨頂はありません。

さらに僕が行こうと思っていたのは、
震災後初の大型連休のゴールデンウィークです。

現地に向かう前に、亘理町のセンターへ電話をしました。
電話の向こうでは、何十、何百と同じ問い合わせがあるだろうに、
そんな中でも対応してくださった方は親切、丁寧に接してくださりました。

そして最後に一番気になっていたことを聞きました。


「GW、そちらにお伺いしてご迷惑じゃないですか…」


電話の向こうのセンターの方が答えてくれました。


「やることはいくらでもあります!ぜひ、お願いします!」


決まりました。
行こう、行ってボランティアをさせてもらおう。
そこからはマスク、長靴などの作業道具一式を揃え、
2日分の食料を買いこみ、仙台行きの夜行バスに乗り込みました。


作業1日目…

早朝に仙台に着き、そこから電車で30分ほど南下。
(亘理より南は運休状態…)
亘理のセンターに着き、さっそく手続きを済ませます。

亘理町の作業の決め方は…

ボランティアをしに来た沢山の人の前で、
センターの男性が拡声器でとある紙を読み上げます。


「○○さんの家のヘドロのかきだしです。8名でお願いします」


「5人、5人!!」

「7人、7人!!」


これは、作業者が「5人グループで行けるぞ」、
「7人グループで行けるぞ」という意思表示です。
手を挙げて司会の男性にアピールします。


「ではそこの5人グループと3人グループの方たち、前に来てください」


ここ亘理町ではそのように決めていきました。
僕も手を上げますが、1人というのはいかんせん見てくれない。
あせった自分は、となりのおじさんに話しかけ、
2人グループとなることに成功。作業も決まりました。

まずは注意事項

・沿岸部には絶対に近寄らないこと。
この時は沿岸部は本当に危険で、
一般人が入ってはいけないと説明を受けました。

・写真なども被災者の心情を考え、行動すること
これは今でもそうだと思いますが、
当時はさらにナーバスだったと思います。


そして、実際に作業現場へ向かう途中…


建物に張り紙が貼られている家がある。白い紙や赤い紙…。
これは、倒壊の危険がある自宅に貼られている紙で、
「近寄ってはいけない」、というもの。
赤い紙はさらに危険である、というものです。。

作業現場に着き、作業開始です。
僕が作業をしたご自宅は、
津波が180センチくらいの高さまできたところ。
家にもくっきりその跡がありました。

さっきのおじさんと床下のヘドロだしを行います。
また、参加者には女性もいたけれど、
誰もなにも言わなくても男子は力作業、女子は掃き掃除などの軽作業と、
自分の役割が自然と出来上がっていました。
お昼には、そのご自宅に住んでいらっしゃる方からの、
『生の声」も聞かせてもらいました。


1日目の作業が終了。


センターに戻ってくると…
「18時から懇親会がありますのでご参加ください」の文字が。
飲み会でもやるのだろうか。。

18時までには時間があったので、その間に一緒に作業をしたおじさんと、
自衛隊が用意した臨時の仮設風呂に入り(これはすごい助かった)、
弁当を食べてセンターに向かうと…

そこでは朝の運用方法について、
センターの人と作業者で、真剣な話し合いが行われていた。
少しでもスムーズに、段取り良くするにはどうしたらよいのか…

こういってはアレですが、昨日今日知り合った人たちです。
さらには自分たちには1円にもならないことを真剣に話し合っている。。


日本人ってすごいなと思いました。


それと同時に、飲み会があると思っていた自分が恥ずかしくなった。。
また、僕が抱いていた『1人問題』も議題に上がり、次の日には解決していました。

最後にはセンターの地元の女子大生の子、かな?
その子があいさつをします。一部分は今でも覚えている。


「日々の作業お疲れ様です。こんなこと(震災)がなければ、
亘理という町を一生知らなかったと思いますが…^^;」



はにかみながらスピーチする彼女をみて、
みんなクスクスっと笑った。僕も笑った。
正直、図星だったから。

それでも、さっきまでのピリついた空気は、
この一言で和んだことはいうまでもありませんでした。


作業2日目…

今日はさらに人が増えることが安易に想像できたため、
センターが開く30分前に向かうと…
すでに凄い人、人、人。これにも驚いた…。
しかもきっちり列をなして並んでいる。
(震災当日の駅のホームなどで、パニックなどを起こさず、
きっちりと1列になっている報道が海外で賞賛されていた…ことを思い出した)


そして、昨日一緒に作業した顔を見つけては、
「今日も一緒にやろう」とおたがい声を掛け合い、
僕らは一気に8人グループとなっていました。

そんなグループで話していると…
センターの司会の男の子が、ガテン系の人たちにボコボコ叩かれている。

「今日もよろしくな」
「がんばろうな」

人気あるなあ。好かれてるなあ。
それはまさに、ホームランを打った野球選手のようにボコボコと叩かれていた。
男の子は背中を丸めて苦笑いをしていたけれど(笑)。

でも、そんな彼が“好かれる理由”がすぐに分かった。
彼が拡声器を持ち、みんなに呼びかける。


「申し訳ございません、ただいま準備をしております。
今しばらくお待ちください!!」



本当に申し訳なさそうに、真剣なまなざしで。


「いいよいいよ、そこまで言わなくても。
こっちは好きで待ってるんだから」


思わずそう言いそうになった。
そのくらい彼は、申し訳なさそうにしていたから。。

2日目の自宅も泥がひどくてヘドロだしや床磨き。
やがて作業も終了です。



と、以上が当時のボランティア経験ですが、
たった2日間だけど、とても貴重な体験、経験をさせてもらいました。

そんな亘理町がいま、どうなっているのだろう。。
僕は、1年5ヶ月ぶりに亘理町を訪れました。。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

スポンサーサイト

2012/10/18 18:18 |番外編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

今後の予定とゴール予定日 (旅の番外編11)

今日は、旅日記も更新していますので、
そちらも見ていただければと思います!

旅の終了を告げる!?真夜中の訪問者 (9/18 旅日記167日目 北海道天塩郡)


-------------------

ということで…現在地と、今後の大まかな予定です。


9月21日に最北端の宗谷岬に到達しました(ブログが追いついてないっていうね…)
で、9月29日現在は、北海道は苫小牧市にいます。

道東はあきらめました(網走とか知床とか)。
いろいろ理由はありますが、経済的な問題が一番大きいでしょうか(笑)。

北海道は道東が醍醐味~なんてよく聞くので少しは心残りもありますが、
いつまでもウジウジ考えてもなにも変わりませんので、
『次来るときの楽しみ』ということにしたいと思います。


で、これから、苫小牧から青森の八戸に渡り、
故郷の岩手は盛岡へ向かいます。
台風もきてるようなので、それをやり過ごした後に、
盛岡には10月4、5日くらいには着ければいいなあ。。
そこでは3日くらい(?)かわかりませんが、
そのくらいゆっくりしたのちに、ゴールに向けて走ります(あくまで予定ー)。

残すは、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬の5県となりました。

最後、東京に少し寄って(?)、
埼玉にある友人Y宅がゴールとなります。
ゴールはだいたい10月下旬の土曜日(たぶん10月27日)。
なぜ、土曜日かというと…友人Yぐらいには祝ってもらいから(笑)。
帰って1人ってのも寂しいですしねえ。

ということで、残り1ヶ月!全力で楽しみ、走りぬけたいと思います。
それまでお付き合いいただければ幸いです。

09206i.jpg

しんご

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

2012/09/29 19:49 |番外編COMMENT(12)TRACKBACK(0)  

自転車の整備と親のキモチ (旅の番外編10)

今日は、僕の相方を見てもらうため、
GIANT大阪店へ行き、自転車の整備をして頂いた。
(ありがとうございます)

08101.jpg
08102.jpg

で、正直、自分は、自転車のことはよく分からない…。
実際分からなくてもなんとかなったりするものだけど、
やっぱり、ブレーキやタイヤといった
基本のことはしっかり覚えないといけないなと。
じゃないと危ないよな、と実感した。

だって、ブレーキがほぼ効かない状態で乗っていたりして。。
これからは注意していかないとな。。


自転車の整備は大切ですよね…


-------------------


母親(以下、母)「シンタ、あなた高校はどうするの?」

シンタ(以下、シ)「はぁ?またかよ。そんなのわかんねえよ」


俺はシンタ。
今年で15才の中学3年生。
文化祭も終わり、周りの同級生どもは

「どこの高校にいくのか」
「スベり止めはどうするのか」

という話しでもちきりだ。
だけど俺はなにも決めていない…。
俺は周りの奴とは違う!もっと別のことがしたいんだ!


母「あなたからもなんとかいってよ!」

父親(以下、父)「あ、ああ…」


親父。
昔は自転車だのカメラだの色々やっていたのに、
今は仕事から帰ってくるとテレビを見てるか、新聞を読んでるかだ。
しかも最近太ってきて、まるで狸の置物のようだ。
本当にこの人は昔、日本一周したのだろうか。。


母「もう、あなたがハッキリ言わないから!」

父「それは関係ないだろっ!」


あーあ、また夫婦ゲンカがはじまった。ここのところ毎日だ。
俺はこの日、とうとうブチ切れた。


シ「あぁ!うっせーなー。もう高校なんていかねーよ、日本一周…日本一周してやんよ!」


思ってもいないことがとっさに口をでた。


母「シンタ、なにバカなこといってるのよ!」

父「・・・・・・。」


俺はそう言い捨てて、自分の部屋に戻っていった。。



--数日後の自宅--



母「シンタ、そこに座りなさい」

シ「なんだよ、また高校の話かよっ」


母さんはいつになく真剣な表情。


母「シンタ、この前いったこと覚えてるわね?」

シ「は?しらねーよ。高校の話かよ。」

母「それもだけど、日本一周するって言ったことよ」

シ「はあ?あんなのウソに決まってんだろーが」


母は一瞬しずかに目を閉じて、
そしてしずかに目をひらいた。


母「お父さん、最近なにしてるかしってる?」

シ「急になんだよ。いつも新聞読んでんだろーが」

母「・・・。お父さんね、あの日以来、毎日自転車の整備してるのよ…」


シ「!!」


親父が最近、仕事から帰ってきたら裏の倉庫でなにか
やっているのは気がついていた。


ただ、自転車の整備とは…


母「わかるわよね…」


シ「なにがだよ!し、しらねーよ、何でそんなことしてんだよっ」


俺だってバカじゃない。わざと気がつかないフリをした。
母は台所にいき、食器を洗いながら言った。


母「お父さん、苦笑いしながら言ってたわよ。
“自分は昔、自転車のコト何も知らなくてすっごい苦労したんだ。だからシンタには…”」


シ「やめろよ!誰が日本一周なんてするかよ!ばっかじゃねーの?」


俺は思わず声を荒げていた。


母「そうね、母さんもシンタには日本一周なんてして欲しくないわ。
なによりシンタはまだ15才だもの。ただね…」


シ「ただ、なんだってんだよ…」


母「ここからはお父さんと話してきなさい。今も倉庫にいるハズだから…」


俺は“しょうがなく”裏の倉庫にいった。


そこには親父がいた。
いや、自転車をいじっている“親父の背中”が、いた。
昔に比べたらその背中はずいぶんと小さくなったな…
白髪も増えたな…なぜかそんなコトを思っていた。


父「おお、シンタか、どうした。」


親父は自転車をいじる手を休めるでもなく、
背中で話しかけてきた。


シ「お、おやじ。俺、いかねーかんな」


父「・・・・・・・。」


シ「聞こえてんのかよ!日本一周なんてしないっていってるんだからなっ!」



一瞬の間があった後に、親父は口を開いた。



父「シンタ、なにを勘違いしてる?」


おれは意味が分からなかった。



シ「?」



父「父さんなあ、最近おなか出てきたろう?
だから、久しぶりに自転車乗ろうと思ってな」


シ「・・・・・・・・・・。」




--厳しい冬が過ぎて、春。--


母「シンタ、入学式そうそう遅刻とかありえないわよ!」


シ「あーもう、うっせーうっせーうっせー!」


マミ「シンタ兄ちゃん、じゃーねー」


妹のマミがにかっと笑う。


シ「マミも早く準備しないと遅れっぞ!」


マミ「はーい」


俺は…地元の高校に入学した。親父がどうとか別に関係ない。
自分のために、だ。


で、親父はというと…


俺が高校行きを決めたらパッタリ自転車の整備はやめて、
更には自転車に乗ることもなく…


狸の置物にもどっていた。



--------------------


ああ、なにを書いてるんだろう。。
というか、ここまで読んでくれた人がいるのだろうか。。

まあ、いいや、アレだ。
さいきん暑いからね、ってことで(笑)。


ランキングに参加しました。
よろしければどちらか1つ押して
いただけたらうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


2012/08/10 22:37 |番外編COMMENT(10)TRACKBACK(0)  

旅のサツエイ機材 (旅の番外編9)

種子島行きの飛行機やフェリーが混雑していて、
キャンセル待ちになっているという。
なんでも、子供の夏休み期間とロケット発射時期が
重なるのが11年ぶりだとのこと。

まずいまずいまずい。

ここまできて種子島にいけないというのは
絶対に避けなければいけない。
色々と探したいと思います。

また、もう1つの悩みがある…それは、撮影機材。。

僕は一眼レフを壊してしまってから、
7500円くらいの安いデジカメを使っている…。
一応動画機能もついているけれど、
どうせならいいやつで撮りたかったなあ。

でもこれは、ある意味幸せなことかもしれない…


-------------------

私「はい、チーズ!」

「カシャカシャカシャ」。

シンタ(以下シ)「それにしてもお父さん、いいカメラ買ったよねー」

私「ん?シンタにもこれのよさが分かるのか?」

妻「あなたー、火の準備してちょうだーい」


向こうで妻が呼んでいる。


私「シンタ…このカメラはな…昔お父さんが沖縄でカメラを壊して…」

シ「お母さん呼んでるよ、はやくいこーよー」

私「・・・・・・・・・・・。」


今日は家族でBBQ。
息子のシンタも10才になり、すくすく元気に育っている。
最近私は新しいカメラを買った。
妻に頼み込んで(×100)、やっと手に入れたカメラ。大事にしたい。


シ「でもお父さん。なんでそんなカメラ買ったのー?」

私「ん?シンタ知りたいか?。シンタ来月、ロケットを見に行くだろ?」


来月に鹿児島の種子島でロケットの発射があるという。
それを家族で見にいこうというわけだ。
昔一度みて以来のロケット。ドキドキしないわけがない。


シ「うん、それがどうしたの?」

私「そのときにな、いいカメラで…」


ここで妻が話しに割って入ってきた。


妻「この人むかーし、自転車で日本を回ってるときにロケットの発射を見たんですって」

妻の声は少しトゲのある話し方だった。
高いカメラを買ったことをまだ根にもっているらしい。

シ「うんうん」

妻「でね、そのときのカメラが安物のおもちゃみたいなカメラだったのよ。」

シ「うんうん。え?おもちゃ?ははは」

妻「だから、“次みるときはいいやつをもっていくんだー”、
ってずっーと昔から言ってたのよ」

シ「へえ、お父さんってけっこう根に持つタイプなんだね」

妻「そうなのよー」

私「・・・・・・・・・・・・。」

“根にもってるのは、高いカメラを買った件で、今でもねちねち言ってくる妻のほうだろう”
と言いかけたけれど、10倍になってかえってくるのでその言葉はぐっと飲み込んだ。


「パパをいじめるなあああ」


私「ん?マミどうしたー?」

3年前に産まれた長女マミ(真吾の真(マ)に美しいの(ミ))。
とてもかわいい盛りの3歳。いまでは僕の唯一の味方、だ。

マミ(以下マ)「マミねーマミねー、パパとねー、じてんしゃにのるんだー」

マミは最近、自転車に乗れるようになった。
娘の成長がとてもうれしい。

私「ん?大きくなったらパパと日本一周をしたいって?」

マミは大きくうなずいた。

私「しょうがないなあ。じゃあ、マミが大きくなったら一緒にいこうねー」

マミはにっこり笑った。

妻がいう。

妻「はいはい、マミはそんな危ないことしちゃだめだからね~」

私「・・・・・・・・・・・・。」

なんだか気まずくなって私は、カメラを構えてみた。


妻「あ、そうそう。」

妻が思い出したようにいう。

妻「あなた(私のこと)は日本一周したまま帰ってこなくていいからねー」


私「・・・・・・・・・・・。」


「カシャカシャカシャ」


シャッター音が空しく鳴り響いた。



あぁ、いいカメラ欲しいなあ。。

07151.jpg

---------------------

ランキングに参加しました。
よければどちらか1つ押していただけると
うれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


2012/07/16 09:26 |番外編COMMENT(8)TRACKBACK(0)  

旅の延長と、種子島のロケット発射! (旅の番外編その9)

前にも少し書きましたが…
『自分の旅の期限は9月まで!』と書きました。

じゃあどーすんだということで、
簡単な計画もたてました。


で、その計画表をみたら…


7月3日には鹿児島から北海道を目指している』
と書いてあった。。


今日の時点で沖縄本土にいます。で、日付は…
7月8日。。


すでに5日も遅れてんじゃん。。



ここで思いました。。



7月21日に種子島でロケットの打ち上げがある、らしい…


それならば…



どうせなら…



それを見ようかと!



IMGP0218.jpg

宇宙…それは永遠の夢(ロマン)…



北海道かロケットか…

もう夏の北海道は絶望に近い…
ならば、どっちつかずより、
どちらか犠牲にしてでも
1つを手に入れたほうがいいのではないか。
どちらにしても後悔だけはしたくない…



よし、旅の延長だ!



しかしこれは、1人で決める問題ではありません。

僕の荷物は、友人であるY宅に置いてます。
Yにはそうとうな迷惑をかけていることになります。

06293.jpg

さっそくYに電話です。


トゥルルルルル…


Y「もしもし」
私「もしもし」

一通りの話をします。
Yは僕のブログを見ていないので
“僕がどこにいるか”
“自分がダンボール御殿のYと呼ばれている”
とも分かっていない。


で、Yは宇宙とかUFOが大好きな人だ。
なので、一発目にこの言葉を出した。


私「ねえねえ、Yさあ、宇宙いってみたくない?」

Y「え、なに?なにそれ!!??」


よし、食いついた!ツカミはOKです。


私「こんどさ、宇宙にいけるんだよ、すごくない?どうする?」

Y「え?うそ?マジでホントに!!??」



私「・・・・・・。」

ん?ちょっと期待していた反応とちがう。。
でも続けます。
(コレ、実話です)

070112.jpg

ハイビスカス


私「今度の7月21日に、種子島からロケット発射するんだよ。
それに『乗れる』けど、どうかなあって

もちろん『乗れる』というのは、
『見れる(遠目での見学)』という意味だ。
しかし、Yの反応は違った。。


Y「ええぇぇ!!!!行きたい行きたい!宇宙行きたい!!」

私「・・・・・・・。」

Yはいいやつなのだ。純粋なのだ。
だから僕のダンボールも置かせてくれたのだ。

CIMG0991.jpg

Yは犬も好きだったっけ


あまりにも悪いのでここでネタバラシ(というか、ふつう気づくだろ!)。


で、Yが一言…


Y「なーんだ。てっきり懸賞に当たったか、知り合いのコネで本当に宇宙に行けるのかと思ったよ…」



ガガーーーン!!
まーーーじーーーでーーー!!

(何度も書きますが、これは実話です)


しかし、これだけでは終わらなかった。。
というか、本題はこれからです。


私「でさ、7月21日の種子島にいくということは…
どういうことかわかるよね?」


Y「ん?どういうこと?」


にぶいというか、いいやつというか、なんというか…
てっきり…
「9月に帰ってこれないジャン!ダンボールどーすんだよ!(怒)」
とくると思ったのに。。

CIMG1176.jpg

瀬底島には白いカニもいたっけ


私「ということは、9月にはゴールできないということになるんだよ…」

Y「うん。それがどうしたの?」



私「・・・・・・・・・・・。」
Y「・・・・・・・・・・・。」



私「あ、ホラ…俺、9月には帰るって約束したじゃん…」




Y「・・・・・・・・。」




私「・・・・・・・・。」




CIMG1086.jpg

沖縄はゆったりした時間がながれています。。




Yが一言…




Y「あ、そうだったっけ?」




どどーーん!!
まーーーじーーーでーーー!!





ああ、なんということだ…
僕はてっきりYは怒っているとばかり思っていた。。
いいやつだ、はてしなくいいやつだよ。うん。

Yも旅の延長をあっさりOKしてくれました。
ありがとうYよ!


ということで…

旅の延長決定!!



でも…

その間なにもしないわけには行かないので、
沖縄または鹿児島でバイトを探したいと思います(できるのか?)。

なにより、天候の影響などでロケット発射の延期は
ザラだというのでそれは心配です。



とりあえず…

7月21日の種子島ロケット発射を見に行きたいと思います!!
(延期しないでくれよおお)



そしてYよ…

オレ、懸賞で当たったから宇宙行ってくるぜ!!



ランキングに参加しました。
よろしければ、どちらか1つ押して
いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ


2012/07/08 09:16 |番外編COMMENT(8)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。