スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

バス宿店主のヘッドバンキング【65番】 (5/30 旅日記58日目  愛媛県新居浜市~四国中央市)

昨日の楽しすぎた一夜からあけました。
その寝た公園。

5301.jpg

午前中はマクドナルドへ。

午後からお遍路再開です。

5302.jpg

65番三角寺。

次は66番ですが、この66番(雲辺寺)は、
お遍路中最も高いところにある難所の1つ。

で、ここはロープウェイも出ているからそこを目指すも、
坂続きで、17時までには着かないことが判明。

どうしようか…とそれでも坂を登っていると、
なにやらバス宿なるものが。。

5303.jpg

ちょうどいい、ここに泊まろう(1泊2000円)。

そのバス宿を管理している向かいのスナックへ行きます。
周りは山だらけで、コンビニやスーパーなんて回りにありません。
ということで、このお店でご飯もいただきました。

5305.jpg

お好み焼きがめちゃくちゃおいしかった。

5306.jpg

これはサービスでもらったやつ

他のお客さんも何人かきました。
お酒も進むんでくると、他のお客さんとの会話も弾んできます。

お酒も、3杯目以降は「接待だ」なんだと、
さまざまな理由をつけてはおごってくれました。

5307.jpg

ありがとうございます!

このお酒以外にも、イロイロでてきたけれど、
出された酒を断るほど僕もヤボではない。

次第にピッチが上がっていく。

イイ感じになりだしたころ、
少し年上のお兄さんがカラオケをやろうと言いだした。

「えーマジすかー」なーんて言ったけれど、
ホントはすごいカラオケやりたかったんだ。

5308.jpg

シャキーン(黒いのはマイクです)。
この時、「武士でいうところの刀だな…ふふっ」とか、
ワケのわからないことをぼんやり考えていた。
(酔っていたんだね)

店主のノリも次第にエスカレート。

5309.jpg

53010.jpg

53011.jpg

スーパー楽しそう。

最後のシメは、お兄さんと「夏の日の1993」を熱唱し、終了。
向かいのバスに戻って、寝た。

スポンサーサイト

2012/06/03 14:19 |愛媛COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

新居浜の人たちからの、サイコーのおもてなし (5/29 旅日記57日目 愛媛県西条市 ~ 新居浜市)

さかのぼること数日前…
東京のG先輩からメールがあった。

「愛媛いくなら新居浜に知り合いの古着屋があるから、ヒマだったらいってみてー」

なんだか面白そうだなーと思った僕は今日、
その古着屋さんに行ってみることにしたのだった。

5292.jpg

5293.jpg

着いたそこは「カイゾクソウコ」という古着屋さん。

5299.jpg

店内はステキな空間

あさつもそこそこに、
お店の人いわく、「来月から原付で旅(日本一周)をする奴がいる」、とのこと。
せっかくなのでーとのことでその人も呼んでくれて、
いろいろ話をしました。その旅人がこちら。

52910.jpg

通称キャップ君。
というか、なんつー体勢だよ。

彼も旅に出るということで旅のあれこれ話などをして、楽しいひととき。

5298.jpg

これは近くのお店のから揚げ。
めちゃくちゃおいしかった。
奥にいるのが、店主、通称「ソウコさん」。

ほかにはない、唯一無二のTシャツも頂いた。
これはすごいうれしかった。

5297.jpg

で、キャップ君が近くの古着屋さんに行くというのでついていった。

52912.jpg

そのお店の店主。ジュースごちそうさまでした。

その後は、「ソウコさん」おすすめのお好み焼き屋さんへ。

52913.jpg

ここもまたおいしい!

夜は新居浜駅前にあるBarへ。

52914.jpg

店内は、ロックをベースにしたおしゃれなBarだった。

52916.jpg

まずは3人でかんぱーい。

はじめはゆっくり飲んでいたけど、
色々な人たちがやってきました。

52918.jpg

そこのBarにはギターもあって、
気持ちよくなって調子にのってきた僕は、
そのギターを手にして1曲弾きだした。

52924.jpg


------------------------

「サボテンの花 作詞・曲/財津 和夫」

♪ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に♪

♪編みかけていた手袋と 荒いかけの洗濯物
シャボンの泡がゆれていた 君の香りがゆれてた♪

------------------------


「ふぃー」と僕が歌い終えると…
みんな、チョーすっぱい顔をしていた。

52915.jpg

そんなわいわいやっていたらいつの間にか、
「僕の今日の寝床」会議になっていた。

近くに古墳付きの公園があるゾ!というので、
みんなで酔い覚ましがてら下見にいくことに。

52919.jpg

通称“コワい人(実際はすごくいい人)”がいっぱい写真をとってくれた。

52920.jpg

52923.jpg

5291.jpg

日焼けアト選手権、第8位!
(キタナイ画像ですいません…)

で、そんな寝床調査に向かう道中。

「夜はあぶなくない?大丈夫?」とか、
「寒いでしょ?風邪引かないでね?」などなど

そんな“KYな発言”をするヤカラは誰一人としていない。
彼らは一味も二味もちがうのだ。

52922.jpg

“数時間前に出会ったばかりの僕”への、
彼らの最大級のおもてなしの言葉はこうだ。

「お、ここならいけるんじゃない?」
「いいねいいねー、いけるいけるーあははー


これ以上の気遣いがあるだろうか?
イヤ、ないだろう。

で、戻ってからは飲みなおし。
またまた調子にノッて僕が、
「新居浜ソング作ったるー!」とギターを手にして
歌いだしたら…やっぱり…

みんな、チョーすっぱい顔をしていた。

52925.jpg

アライハマ…あ、ちがった。新居浜(にいはま)さいこー!

みなさん、最高の1日をありがとうございました。
また帰ってきます、たぶん。いや、ぜったいに。

2012/06/03 07:47 |愛媛COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

歩きお遍路体験記【60~64番】 (5/28 旅日記56日目 愛媛県今治市 ~ 西条市)  

今日はBと歩きお遍路をします。

60番:横峰寺(標高約700メートル)
お遍路の中では、3番目?5番目?そのくらいに高い山です。

61番に自分が先回りし、そこに自転車を置きます。

5281.jpg

ちょうどいい合流ポイントがあるので、
Bとはそこで合流。そこから一緒に登ります。

5282.jpg

52815.jpg

52814.jpg

まずは車道。2時間くらい登ります。

5283.jpg

いよいよ山道。

5285.jpg

Bはやっぱり登るスピードが速い。
でも、僕もまがりなりにも日本一周をする身。
食らいついていきます。
(こういうのは自分のペースが大事でもあるけど)

52813.jpg

途中、休憩もします。

5284.jpg

登る登る。

そして…1時間ほどで山頂到着!

52817.jpg

ん?なにか補修工事してて雰囲気がでてないなあ。
ま、いっか。

5287.jpg

お茶をいただいた。独特の味…

帰り道。

52810.jpg

あまりの疲れに、ボロ雑巾みたいになっているので、顔出しNGで。

で、下山し、自転車に戻ると、なにかのカードが刺さっていた。。

52812.jpg

全文英語で読めなかったけど…
「がんばれーい」ってことだろう。
ありがとうございます!

その後は滑り込みで64番まで終わらせる。
その近くのビジネスホテルに泊まりましたとさ。

52819.jpg


~歩きお遍路をした感想~

1日しか体験していないので
多くのことは言えませんが…

率直に、歩きで88箇所回るというのは
相当な決意がないとできないだろうなあと思った。
聞くとやるとでは大違い、っていう。

でも同時に、歩きだからこそ見えてくるものがある、とも思った。

それは、田舎の静かな風景や空気感だったり、
はたまた、小鳥のさえずりや山の緑などなど。
それらをゆっくり、じっくり、見て、聞いて、感じることができる。

で、そういうものを見ながら「感じたこと」について、
今度は「考えること」ができる。

この「考えること」が、
88ヶ所歩きお遍路の醍醐味なのかもしれない。
(坂道ではそれどころじゃないんだけどね(笑))

ともあれ、とても貴重な体験ができた。
Bよ、ありがとう。

5286.jpg

2012/06/02 22:01 |愛媛COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

Street Spirit(Fade Out) 【56~59】 (5/27 旅日記55日目 愛媛県今治市~ 長沢)

昨日の宴から一夜あけ。

5271.jpg

昨日の残骸…

5272.jpg

瀬戸内海をバックに出発です。

まずは56番から。

52716.jpg

57番

52717.jpg

52718.jpg

途中進んで行くと、歩きお遍路のおじいさんに言われた。

「その自転車なら歩きお遍路の道いけるけん。
最後階段も5段くらいあるけど登れるけん」

ちょっと説明すると…
歩き遍路と、自転車や車のお遍路道というのは、一部違う場合がある。
歩きは基本的に山道を突き進むのに対して、
自転車や車というのは、道路道をぐにゃぐにゃ登っていく、といったぐあい。

で、このおじいさんは
“自転車の僕に対して、歩き用の山道でもイケル”
といったワケ。

まあ、いってみましょうかーと進んでいくと…

5273.jpg

5274.jpg

どんどん道が狭くなる…

5275.jpg

もうこれ以上進めなくなってしまった。

戻るか…でも、あと少しで上にたどり着ける…
というか、石段も5段ではなく15段ぐらいある…

5276.jpg

これは、上から見た石段。

荷物を外せば登れるけれど、それはしたくない。
(単純に、荷造りがめんどうだから)

えーい、いったれーいと、
1歩進んではがっちりブレーキ、1歩進んではがっちりブレーキ、
という感じで進んでいく。

ちょうど、石段の上に人がいて
僕のあまりの鬼の形相をみたその人が助けてくれた。
ありがとうございます。

その後はどんどん進んで59番。

5278.jpg

いつもの通り写真を撮っていると…
(というか、こんな写真でもOKにしてる自分)

52719.jpg

近くにあったタオル屋のご主人が話しかけてくれ、
アイスのお接待をいただく。

52710.jpg

また、僕が日本一周中だというと、
好きな言葉をタオル刺繍にしてくれて、それをいただいた。

527n.jpg

527nn.jpg

52711.jpg

ありがとうございます!

その後も進んで、またまたBと再開。
(彼は歩きで僕は自転車。
いかに自分がトロトロやってるかがわかる。
というか、彼の歩くスピードも尋常でないのだが)

近くの風呂屋さんに行く途中、
自転車に乗ってみたいというので貸した。

なんか、客観的にみたら…

52712.jpg

もっとちゃんと荷物を積もう、と思った。

52713.jpg

風呂から上がったら、ビールを飲みながら女子バレー観戦。

その後は近場の公園にテントを張ります。

そこで、歩きお遍路にちょっと興味があったぼくは、
ちょうど明日は山登り(60番:横峰寺)だったし、
翌日は彼と歩きお遍路をしてみることにして、明日の予定をたてました。

52714.jpg

ギタレレ。彼はミュージシャンなのだ。
Bがある曲を弾き、歌いはじめた。

それは、「Radio head」の「Street Spirit」という曲で。
僕もそれは聴いたことがある曲だった。

彼のうまい歌とギターがとても心地よく、なんだか幻想的だった。

52715.jpg

おやすみなさい。



2012/06/02 20:01 |愛媛COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

爆発男と再会す。 【52~55番】 (5/26 旅日記54日目 愛媛県松山市 ~ 今治市)

今日からまたお遍路再開します。

05261.jpg

05262.jpg

ずんずん進んで行くと…ま、まさか…

爆発男だ!!

と、いうより、爆発男はさすがに失礼なのでB(爆発のB)と表現したい。

ちょうど昼時だったので、
Bとコンビニでご飯を買って海辺で食べます。

05263.jpg

で、“この前の結果”を聞きます。

「結局、この前はどうなったの?」 私。
「あ、松山で爆発したね」 B。

「爆笑」

なにやら宇宙人みたいな子だったらしい。
お遍路も終盤となると、宇宙人と交信もできるのか。
私は感心した。

そんなBと別れ、お寺めぐりをします。
54番あたりは密集しているので、お寺も回りやすい。
でも、17時をすぎたので、近くにあったGIANT今治店へ。

05264.jpg

ここで自転車の調整をしてもらいました。

「ブレーキなんとか(名前わすれた)が完全になくなってますね」
「へ?あ、確かにブレーキした時、へんな音がするなあって…」

完全に素人発言…

お遍路コースには坂がいくつもある。
しかも、下りも急激な下り坂だったりするから、
ブレーキも多く使っているのだろうか…

05266.jpg

交換してもらいます。
勉強せねば、ということで近くで見学します。

05265.jpg

05267.jpg

ありがとうございました!

で、さらに進んで温泉にはいる。
風呂からあがったらBがいい寝床を見つけた、
とのことでそこへ向かうことに。

05268.jpg

近くに歩きお遍路さんもいて、
みんなで楽しい酒盛りをしたのでしたー。

2012/06/02 08:42 |愛媛COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。