スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

いざ、箱根峠へ! (4/12 旅日記11日目)

この旅初めてのネットカフェでゆっくり眠れた。
8時まではゆっくりできるものの、
やっぱり自転車が心配だったので7時には店を出た。
自転車は無事だった。ほっ。

04121.jpg

小田原城を横目に箱根峠入り口へ向かう。

朝食もすませ、さあ、いよいよ箱根峠に挑むときがきた。

箱根峠を上る理由は、観光というよりココの上り坂を制覇できれば
ある程度のところはイケるんじゃないかと思ったから。

また、途中にある箱根彫刻の森美術館にも寄ろうと思っている。

ということで、箱根峠攻略開始!

ここを一度も自転車を降りずに山頂まで登りきる勇者もいるようだから、
僕もイケるところまでは行ってやろうじゃないか、と意気込んでいた。最初は。

041221.jpg

と、思っていたら20分もしないうちに汗だくで自転車を押している自分がいた。
くそっ、完全になめてた。
昨日もしマックで徹夜してたら絶対ムリだったに違いない。

急な坂は押して、ちょっと平坦になったら自転車に乗り距離をかせぐ。
で、急になったら押して…その繰り返し。途中何度も休憩する。

04123.jpg

で、ようやく彫刻の森美術館に到着。

04125.jpg

いきなりのインパクトに一瞬アセる。

04126.jpg

こうすればナニか分かるかと思ったけど、なんもわからない。

もう、色々な個性的な作品が並びます。

04128.jpg

04127.jpg

04129.jpg

これは分かる。巨人の監督だろう。

で、思ったのは、海外からの人が非常に多いということ。
入場者の半分くらいが外国の人だったのでは?

041210.jpg

これは、16本の棒がぐるぐる回っているだけのオブジェ。

041211.jpg

これを外国人はどう思って見ていたんだろう。感想を聞いてみたかった。

何とかの塔(名前わすれた)というのもあったので登ることに。
中はステンドグラスが一面。

041214.jpg

041215.jpg

ステンドグラスは結構すきだったりします。

ピカソ展というところもあったのでいってきました(ここは撮影禁止)。
もうはちゃめちゃなセンスの作品の数々に、凡人の僕はついていけません(笑)。

全体の感想としては、芸術のことなんかひとっつも分からないぼくだけど、
「面白い発想だな」「なんでこんなものを作るんだろう」と、それなりに楽しみました。
そして、最後にピカソのおみくじつきピンバッチ(200円)を購入。

041217.jpg

もっと分かりやすい変なのがほしかった…というのは素人の意見か。

続いてはおみくじ。末吉でした。

041220.jpg

気になる旅行運は……

041216.jpg

やめるがよし

・・・・・・・・。まあ、見なかったことにしよう。

さあ、気合いを入れなおして、美術館をあとに箱根山頂を目指します。

急な上り坂が続き、さっそく自転車を押している。汗がしたたり落ちる。
自転車を押すときはなるべく下だけを向いて登る。 
前をみたら、どこまでも続く坂道に気持ちが途切れそうになるから。

後半になるにしたがい、何度も休憩します。
どかっと座り込み、水をがぶがぶ飲んでいるときに風景を楽しむことができます。

04122.jpg

僕はなにをやっているんだろう…

気を取り直し登っていきます。
最後のほうは、“この世の終わり”みたいな顔つきになっていたと思う。
みられたものじゃなかったハズだ(笑)。

そしてついに…

041218.jpg

箱根駅伝往路ゴール地点へ。

とりあえず叫ばせてください。


「やったぞ、田中ぁぁぁ!!」 ※注)私の知人に田中という人はいません。


そして、今夜の寝床候補、道の駅「箱根峠」に向かいます。
しかしここ、よさげなポイントがなくさっさと諦め、別ルートから下ることに。
途中、風景を撮っていると、近くにいたおじさんが僕のことを取ってくれるとの事。
一人旅は自分が写っている写真が少ないからとてもありがたい。

041219.jpg


なにげに自転車との初2ショット写真。
ありがとう、おじさん。

その後はぐんぐん下り、熱海まできて今夜の寝床探し。
海沿いの公園をいくつかみるも、その道の達人がいたりしてちょっと迷ってしまう。
その内のひとつの公園でラーメンの屋台がやっていたので、
その近くでテントをたてることに。
テントをたて終わった後は、そのラーメン屋店主と話をする。

ようは「僕は変なひとじゃないですよ」アピールだったりするのだけど。

話もすませ、テントに潜ろうとしたらと…。
達人が僕の近くをよこぎっていった。
「あ…」。と思うも、向こうは僕の事なんか
ぜんぜん眼中にないようで、どこかにいってしまった。。

どうしようか、と思うも、箱根峠を登って疲れていた僕は動く気が0。
そのまますぐに寝てしまった。

翌日からは伊豆半島を攻めます!

スポンサーサイト

2012/04/14 13:31 |神奈川COMMENT(10)TRACKBACK(0)  

雨の日と水曜日は (4/11 旅日記10日目)

昨日は神になった僕だけど、夜中には雨も少し降ってきた。
急いで自転車に付けているバックをテントの中にぶちこんだ。
けっこう濡れてるな…。

神にだって、天気の予測はできないのだ。

そして今日は、午後から天気も崩れるらしいし、
翌日には箱根を越えるべく、箱根近くの小田原までいくことにした。
およそ30キロくらいかなー。

新江ノ島水族館を越えて、まずは茅ヶ崎サザンビーチモニュメントへ。

04111.jpg

と、そのすぐ後ろには桑田さん人形がいて、そのお店で記念スタンプを押す。

04113.jpg

スタンプを押したあとは小田原を目指します。
しかし、小田原まであと少しというところで雨が強くなってきたのでマックへ。

入店時間は14時ころ。
ネットを見たり、ブログを書いて時間をつぶしていたけれど、
もう何時間もたっている…。雨は止むどころか強さを増すばかり…。

翌日は箱根峠を登ることにしているので、
マックで徹夜はヤだなーと思っていた。。

夜の11時すぎぐらいにようやく雨がやんだので、
ネットカフェがある小田原駅まで自転車を走らせる。
(マック滞在時間は9時間!)

大都会小田原(今はそのくらいに思うんです)で、
自転車を止めるところに迷ってしまい、
どこにおいてもなにかされると思ってしまう自分がいる。。

悩んで選んだのは自転車用のコインパーキング。
12時間で100円と安く、その辺に止めるよりもはるかに安全だろう。
100円は保険代だと思えばいいし。

で、この旅はじめての自転車カバーをバサっとかぶせる。
ううぅ、全部入りきらない…。

04114.jpg

これ、逆にあやしくないかい?

「なにもありませんよーにっ!」と願いながら近くのネットカフェを目指す。

ネットカフェに向かう途中、ホントに申し訳ない話だけど、
すれ違う酔っ払い、お店のキャッチ、
はては普通に歩いている人までも怪しく思えてきた。
盗まれるような高価なものは何もないけれど、
すれちがう人全員が泥棒に思えてきてしまった
(いや、ホントに失礼な話ですね…)。

「あぁ、無事でいてくれよ…」

うすうす気がついていたけれど、
この旅で僕は、自転車への愛着がどんどん増している。

そんな不安をかかえつつネットカフェに入店。
さっそくシャワーをあび、ジュースも飲んで、
高速ネットを堪能して、テレビもみて。。
そしてなにより、襲われる心配もない。

ここは天国だろうか?なんでもあるからきっと天国なんだろうな、うん。

しまいには、買ってきた発泡酒も「ぷはーっ」と堪能し、
いい感じに酔っていた頃には、
あんなに不安に思っていた自転車のことも忘れて、僕は眠っていた。

明日は箱根峠、がんばるぞ。

04112.jpg

カルバン・クライン(CK)。とくに意味はないです。

2012/04/13 08:54 |神奈川COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

名刺作成と出会い (4/10 旅日記9日目)

航空駐屯地のとなりの公園にテントをはって寝たけれど、
特になにごともなくそのまま朝を迎えた。

この日の朝も突き抜けたいい天気。
まずはマックでブログ更新と今後の予定をたてた後、
鎌倉の鶴岡八幡宮へいってきました。

04102.jpg

04104.jpg

041010.jpg

すごい桜と、休日かよってほどの人ごみ(この日は火曜日)。
前にもきたことがあるので次に向かいます。

続いては、スラムダンクオープニングの踏み切りをとってみたり。

04105.jpg

バスケットは好きですか?

そして、海沿いを走っていると、
目の前から僕と同じような装備のチャリダーが!
僕は自転車を止めて手をあげるが、彼はそのまま過ぎ去っていった。

「ありゃ?」 色々話をしたかった。。

僕の接し方が悪かったのだろうか。
「よしだくーーん!(仮)」と叫べばよかったのだろうか…。
名前をまちがえているのなら言い直してもいい。
「たかはしくーーん!」でも「さとうくーーん!!」でも、
何度でも叫んであげる(いや、そんな問題ではないだろうな)。

04101.jpg

まさにこんなイメージだったのにな(ホントにこの近くですれちがった)。

まあ、考え方は人それぞれだし、ということで先へ向かうことに。

と、今の話にも少し関係あるけど、僕はこの旅用の名刺を作ることにした。

そこからつながりが出来るのなら
僕はそれはいいことじゃないかなーなんて思っている。
現に、いままで渡せるタイミングが何度かあったのだから。

04106.jpg

ということで、藤沢のはんこ屋さんで作成した名刺。
100枚で3500円くらい(作成は1時間)。

041011.jpg

これを最初に配るのはだれだろう、とワクワクしながらの今日の寝床探しへ。

よさげな物件を何件か見て回り、やっとみつけたソコは、
うす暗ーいところだった。
まーいっかと思い、そこにテントをたててPCやらなんやらしていたら、、

人の声がして、近づいてくる気配…

パッと顔を出してみると…2人の男性がいて少し話をすることに。

僕の日本一周の話をしたら少しビックリもしていた。
やがてもう1人きて、新しくきた彼に、僕のことを紹介してくれる。

「ねえねえこの人、自転車で日本一周だってよ~。神じゃね?」

とうとう僕は、旅の9日目にして早くも神の領域に達してしまったのだ。
ちなみに、神の夕ご飯は天丼(近くのスーパーで半額なんと200円!)だ。

さらに1人やってきた。
そこで僕(神)は、その彼に名刺を渡してみた。
彼は、じっと見た後にその名刺を財布にしまいこんだ。
他の3人は名刺をもらっていることに気がついていない様子。

ほどなくして、彼らはおしゃべりを終えて帰っていった。
と思っていたら、またこっちにやってきてこう言った…

「すいませーーん、オレらにも名刺くださーい!」

オレは、「すいませーーん、生4つ追加でお願いしマース!」と
言いそうになったのをぐっとこらえ(うれしいっていう意味だ)、
名刺を配ってあげた。

さっそく名刺渡せたなーとか思いながら、
せまいテントでやがて神は眠りについたのだった。

名刺は残り、96枚。



※今日のゴール地点は諸事情によりめちゃくちゃにしてまーす。
だれも気にしちゃいないと思うけどー(笑)。

2012/04/11 22:47 |神奈川COMMENT(10)TRACKBACK(0)  

ソレイユの丘と夕日と今の気持ちと (4/9 旅日記8日目)

朝、公園のトイレで歯を磨いているときに気がついた。
昨日、あんなに人がいたのに、ほとんどゴミが落ちていない。

各自持ち帰りましょうという看板があっても、公園内にゴミ箱は設置されていない。
昔ならもっと、平気で路上にゴミを捨てたり、タバコのポイ捨てとかしてたよなあ。

そんな今日も、気持ちよく海岸沿いを走ります。

04091.jpg

うん、海岸沿いはやっぱりきもちがいい。

昼食は港に程近いお店で、まぐろドライカレーというのを食べた。1050円。

04095.jpg

まわりのタレみたいのが、まぐろだと思う。
おいしかったよ。

昼食を頂いた後、お店のおばちゃんと談話していたらまた鼻血が…。
おばちゃんが首のあたりをトントンしてくれた。
そんなことされるの小学生以来だよ(笑)。ありがとう、おばちゃん。

海岸で途中休憩をしたり。

04092.jpg

未来予想図Ⅱ

今日はなにもないなぁなんて思いつつ、まあそんな日もあるだろうってことにして、
明日からの行き先を考えるために、早くも寝床を考え始める。
それはまだお昼の12時。

検討した結果、20キロほど行けば「ソレイユの丘」という、
銭湯もあって、公園もあって、という絶好のポイントがあるではないか。

これはいいなあと思い、そこを目指します。
そして、到着しました。

04097.jpg

ソレイユの丘にある、それいけ!アンパンマン号

ここがすごかった。なにがすごいって、入り口に1つの張り紙があったのを見て、
僕のテンションは一気に最高潮に。

「アルパカ、はじめました」

僕はがぜん早足になっていた。

04098.jpg

途中、ヤギさんもいた。

そして、その奥にアルパカはいたのだった。

07099.jpg

僕をみつめるアルパカ2頭。

しかし、いかんせんなにをしても近くに寄ってきてくれない。
ぼくは仲良くなりたいだけなんだ。

そんな、まったりアルパカさんの次はゴーカートへ。
なんと、600円もするではないか…泣く泣くあきらめることにした。

お次は、大きなすべり台(ソリ?)があった。これは300円。
よしっ、これはやらなければ失礼にあたるな。

僕はカメラを係りのお姉さんに渡し、撮影をお願いした。ありがとうお姉さん。

040911.jpg

子供も数人いたけれど、僕だって負けるわけにはいかない。
なにが勝ち負けの基準かは分からないけれど。

040912.jpg

思わず、「うひょーーー!!」と叫んでしまったよ。心の中で。
だって、ホントに叫んだらそれは変な人じゃないか。

もうここまでくると、ゴーカートもやりたくなってきた。
さっき諦めたゴーカート場へ戻り、あんなに渋っていた600円を
いとも簡単に支払い、乗ることにした。

0420.jpg

040917.jpg

風とともだちになれた、気がした。

最後にアルパカをもう一度見に行ったけど、
さっきと変わらない定位置をキープしたまま。

07099.jpg

その後は、露天風呂へ。

海が見える露天風呂につかりながら数日の疲れを落とす。きもちいいなあ。
そして、考えた結果、「ソレイユの丘」は寝床にはちょっと無理かなと思い、他を探すことに。

040918.jpg

途中寄ったラーメン屋さん。ノレンがすごいことになってて、
やってるのかどうか最初わからなかった。
でも、ちゃんと営業しててラーメンをおいしくいただきました。

おなかも満腹になり、自転車をこいでいきます。
進んでいくと、富浦公園というところがあったため、今日の寝床はそこに決定。

でもここは、となりが航空自衛隊の駐屯基地がある。
なにか変なのと間違えられて撃たれなきゃいいけど。
いや、テントをたてる時点で十分変かなあ。まーいいや。

そして、海沿いにある公園だったので、テントをたて終わったら、
暮れていく夕日と海をつまみにビールをごくり。そこでちょっと考えた。

旅から1週間が過ぎた。
1日のリズムとか荷物の位置だとか、少しづつだけどいろいろ慣れてもきた。
そうやって慣れていくことはいいことだと思うけど、
違う意味で慣れすぎたら(コッチの世界に帰ってこれなくなる、という意味で)
ちょっと怖いよなーと思う自分もいたりする。

まだよくわかんないけど。

ま、夕焼けと海はやっぱりキレイだなあと。それは確かだな。うん。

040919.jpg

2012/04/11 16:38 |神奈川COMMENT(6)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。